獣医求人探しナビ【※転職したい獣医の方へ】

獣医の転職を成功させるには

ペットを家族の一員と考えるペット愛好家にとって獣医はとても頼りになる存在です。また近年ではペットを飼う家庭は増加しているため、ペット産業や獣医のニーズも高まっています。

獣医に転職したい場合、ハローワークでは求人はなかなか見つけるのは難しいでしょう。専門的な職業なのでリクルートエージェントのような転職エージェントに相談する方法がいおすすめです。動物病院はもちろん、動物園や水族館、競馬関連などなど、たくさんの獣医求人が揃っています。

獣医の求人に強い転職サイト!ランキング1位はここ!

  サービス名 利用料金 獣医転職
の実績
サービスエリア 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★ 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
リクルートエージェントは転職実績NO1。高い信頼性で各企業とのパイプも太い!
・業界トップクラスの求人件数を誇るリクルート。年間20000人以上の転職を実現しています。
豊富な案件を保有するリクルート独自の情報力は人気の獣医求人における確保術も習得できます。



マイナビエージェント 無料 ★★★★★ 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・業界でもランキングは2回連続上位を獲得。各業界に精通のキャリアコンサルタントがサポート!
市場価値を高めるカウンセリングも実施!スキルを活かした納得できる求人確保が可能です。
・採用率を高める面接対策で万全な準備ができるから人気の獣医求人も確保出来ます!



type転職エージェント 無料 ★★★★ 東京・神奈川・埼玉・千葉 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
月間ユーザー数NO1!毎月100万人を超える転職希望者が利用する「選ばれているtype」。
・typeは職種はもちろん希望の勤務地でも探せる便利さが利用しやすく選ばれる秘訣です。
・便利で多彩な機能と自分を磨きのキャリアを作れる多彩な求人の中には獣医求人も豊富に保有



DODAエージェントサービス 無料 ★★★★ 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
常時40000件の求人を保有するDODAでは非公開求人が90%を超えます。急募の案件も多い!
企業における大切なポジションの案件も多い!中々確保できない獣医求人の確保率も高められます。
DODAだから極秘募集の求人が必ずある!業界を問わず転職成功率を高める求人情報が満載です。



キャリコネ 無料 ★★★★ 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・キャリコネ独自の情報力で就職後の未来が見える!?求人の給与明細や残業時間まで丸わかり!
希望職種の求人における面接対策はバッチリ!面接を実際に受けた方の体験レポートもみれます。
人気の獣医求人確保は採用率を高める事がポイント。面接に有利な転職ノウハウを習得可能。



獣医の転職事情について

獣医師という資格を活かして働くには幾つかの選択肢があります。 小動物を対象とする臨床獣医師という選択肢もあれば、大動物を診療したりする臨床獣医師の選択もできます。 なお且つ、国家公務員もしくは地方公務員として働く事もでき、獣医師といえどもその資格を活かす環境は非常に幅広くあります。

例えば、製薬会社等で獣医師は働く事も可能で、製薬会社での獣医師の地位は高めです。 そもそも製薬会社関連において研究業務は必須ですし、その研究には動物検査が必ずあります。 そのため、製薬会社での獣医師は必須の存在で獣医師の地位自体も高いと言われています。 製薬会社の獣医師は、製薬会社で担う役割をしっかりと行う必要があり、職務内容も非常に厳しくなりますので、獣医師としての専門性はもちろん、英語力も重要になります。

いずれにしても獣医師が活躍する場は多岐にわたり、選択肢は幅広く存在します。 ただし、地域によって獣医師の需要の高さは異なりますし、選択肢を誤れば当然失敗と思わざるを得ない結果に至る場合もあります。 そのため、獣医師が転職をする際は十分に獣医師が働く各環境における条件、待遇等を認識した上で検討しなければいけません。

仮に転職をするにあたり行政獣医師という選択をしたとしましょう。 行政獣医師もしくは公務員獣医師は地域によって獣医師に対する扱いも随分と異なり、転勤が多く業務内容自体がころころ変わってしまうケースも考えられます。 そのため、行政獣医師への転職を検討する場合は、行政獣医師になる事によって本当に「希望通りの獣医師業務が行えるか?」という部分を十分に調査した上で決断しなくてはいけません。

行政獣医師は、いうなれば公務員になるということです。 なので、実際のところ田舎に行けばいくほど獣医師に対する扱いが悪く不便な場所への移動も頻繁に行われます。 ただ、行政獣医師といえども働く地域によって条件、待遇等は全く異なり希望通りの獣医師業務が行えるケースも少なくありませんので、転職を成功させるためには失敗しない選択をしなければいけません。

獣医師というのは、環境によって勤務時間も長く臨床になれば、より勤務時間も長くなりますし体力的にも非常にハードです。 しかし、その分患者さんからの感謝がやりがいにつながる仕事でもあります。 ですが、選択肢を誤ると転職も結果失敗に至る事になりますので、獣医師の転職には獣医師転職に特化した転職エージェントの利用は欠かせずマイナビエージェント等が獣医師転職には最適です。

獣医の求人倍率は?

獣医師における求人倍率は低く他職種に比べ低い倍率で採用試験を受ける事ができます。 しかし、獣医師の就職先を大きく分けると一般企業及び公務員、地域の町医者ですから、就職がとてもスムーズか否かといえば、簡単でない事も確かです。 一般企業での獣医師職を目指す場合は、一般企業の求人状況は不況で求人を抑える事が考えられるため住職難である事は十分に考えられます。 しかし、一般企業による獣医師職も他専門職と比較すればはるかに求人数は多いと考えられます。

公務員獣医師の場合は年間およそ1000人程度生産されることになるため求人倍率は他職種より低い倍率で採用試験を受ける事が出来ます。 各地域の獣医師、町医者的な位置づけになると雇用状況もよく、採用も比較的スムーズな状況と言えるでしょう。 つまり総合的に獣医師の採用状況をみる場合、倍率は低くスムーズな就職が考えられるという事になります。

ただ、一般企業の獣医師の場合は一般企業自体が不況求人を抑えていると考えられるため他獣医求人と比較すれば若干住職難であるといえるでしょう。 このように獣医師は比較的スムーズに就職ができ、文系の職種から見ても就職がスムーズです。

しかしながら、選択肢により獣医師職には異動等もあり、自分の希望通りの業務を行う事が出来ないケースも目立ちます。 そのため獣医師として希望を実現するための転職を考える場合は、獣医師求人を幅広く扱い獣医師転職に特化した転職エージェントの利用が欠かせません。

いずれにしても獣医師になる場合は、臨床獣医師と非臨床獣医師に分かれます。 そのため、その選択肢それぞれの獣医業務をしっかりと把握し、検討しながらどこを目指すかをしっかりと決めなくてはいけません。 臨床獣医師になる場合も小動物の臨床獣医師もあれば、大動物の獣医師という選択肢もある。 更に臨床以外で考えれば製薬会社や食品会社をはじめ、公務員獣医師となり保健所、飲食店の衛生指導となる位置づけもあります。 もっと言えば、国家公務員としての獣医師職となる技官という選択肢もあります。

このように獣医師が活躍する場は非常に幅広く、それに伴い獣医師の需要も高い。 なお且つ各職場における就職難易度も高いという事もなく採用においても良好の状況です。 ゆえに、獣医師が転職を考える際は自分の希望通りの獣医業務を確保するためにも獣医師求人に特化し獣医師求人を幅広く扱う転職エージェントの利用が必須なのです。


Copyright (C) 2014 - 2018 獣医求人探しナビ【※転職したい獣医の方へ】 All Rights Reserved.