神奈川県内(横浜・川崎など)の獣医求人

獣医TOP >> 地域別の獣医求人 >> 神奈川県内(横浜・川崎など)の獣医求人

神奈川県内(横浜・川崎など)の獣医求人

東京のベッドタウンとして、古くから住宅が密集してきた川崎や横浜では、生活者人口がとても多いですが、それと同時にペットの数もかなり多くなっています。神奈川県では高度成長期から新興住宅地の増設が盛んになり、山間部にも高いビルが立ち並ぶニュータウンを作ってきました。そのためにマンション世帯も多く、室内犬や猫などのペットも共に同居するブームが起こった経緯があるのです。最近の都会の犬や猫は、メタボリック症候群や肥満体質が多く、そのために肝臓や腎臓に機能障害を発症するペットが増えていると言います。

神奈川県内の動物病院では、ストレスと肥満症からくる生活習慣病の治療に訪れる犬や猫を多く見ることができます。獣医師の話では、花粉症をはじめとした免疫障害のペットも大変多くなっているということです。その原因は、明らかにペットフードに大量に使われている添加物の被害でしょう。ストレスと運動不足と危険な食事で病気がちなペットが多いことも、東京や大阪と同様に神奈川県の特徴です。

そのような事情もあって、神奈川県内には動物病院の数がたいへん多くなっています。また、高齢者世帯のペットも多く、急な発病時には訪問診療を依頼するケースも増えています。かつてはペットに往診をする習慣が獣医師にはありませんでしたが、最近では多くの家庭がこのシステムを利用するようになりました。このように病院数が増えたことと、往診などで獣医師の仕事量が増加していることから、神奈川県内では獣医師不足の状態にあります。

神奈川県内の求人を見ますと、その様子がはっきりと理解できます。まず、獣医師の求人量が多いことがあります。職場もさまざまで、動物病院はもとよりペットショップの巡回医師、また、製薬会社の新薬の研究開発や、ペット治療の技術開発を行う大学などの研究機関からの求人もあります。専門的な委託業務は公・民間を問わず獣医師に依頼されますし、動物園や動物を扱う施設などでも、獣医師の求人を行っています。

雇用形態は正社員が最も多いですが、女性獣医師の数が多い業界ですから、短時間のアルバイト・パートの雇用も十分にあります。最近は獣医不足の影響で福利厚生面がより充実してきていることも、募集要項を見ると分かります。産前産後休暇に育児休暇、介護休暇、そして有給休暇も含めて、個人の都合で休みが取りやすくなっているのも、神奈川県内の獣医師業界の特徴と言えるでしょう。これから獣医師の職に就こうと考えている方は、しっかりと情報を集め、自分の希望する条件に合った職場を探すことをオススメします。

獣医の求人に強い転職サイト!ランキング1位はここ!

  サービス名 利用料金 獣医転職
の実績
サービスエリア 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★ 全国 詳細





Copyright (C) 2014 - 2018 獣医求人探しナビ【※転職したい獣医の方へ】 All Rights Reserved.