獣医の募集先分類

獣医TOP >> 獣医転職の基礎 >> 獣医の募集先分類

獣医の募集先分類

獣医師の募集先として挙げられるのが、公務員獣医師とする道もしくは各地域の職員としての募集です。 こうした獣医師の募集は公務員試験、選考採用を経て公務員獣医師として働きます。 例えば、薬剤師が公務員薬剤師になれば選考作用による職種は診療放射線技師の位置づけになりますが、獣医師が公務員獣医師になる場合は臨床工学技士という職種で位置づけられます。

ただし、公務員獣医師の場合は公務員獣医師に欠員が生じた場合のみに選考作用を行う事となるため、それに伴う募集は頻繁に行われるものではありません。 獣医師が公務員獣医師である臨床工学技士になる場合は専門性の高い職種となるため一般の公務員職員採用試験とは異なり中級、上級等の区別はありません。 公務員獣医師で限定し獣医師の募集先を考える場合、その募集先は保健所もしくは食肉衛生検査所、家畜保健衛生所等が挙げられます

一般に欠員の生じた際に募集が行われる公務員獣医師ですが、毎年6月と11月に採用試験を行います。 公務員獣医師の募集における採用人数は1回の募集に対し50名〜60名となります。 仮に紹介するような公務員獣医師を目指す場合は地元で試験が行われる以外旅費が必要になります。 獣医師の採用試験に伴う旅費は支給されませんが、採用後初任地へ赴任しなければいけないと確定した場合は赴任旅費が支給される事となっています。

例えば、公務員獣医師を目指すにあたり、採用試験を受けるものの実は希望する勤務地がある場合はそれを事前に希望すれば実現するか?という点ですが、公務員獣医師になる場合は希望の調査は行われるものの獣医師としての専門性を幅広く活かしてもらうという目的があるため、勤務地の希望は実現しづらいです。 ちなみに獣医師の異動は3年〜5年ごとに行われ本人の希望や獣医師の適正を考慮し異動が決定する事になります。

獣医師はこの要に保健所もしくは食肉衛生検査所、総合振興局、振興局等が獣医師の活躍する場として挙げられますが、毎年女性獣医師の数も増加し、女性の働きやすい職種としても注目されています。 獣医師は資格を取得し、高い専門性を得ることで公務員獣医師以外にも活躍する場は多岐にわたります。 そして、その資格を活かせる場所は非常に幅広く存在し開業する事も実現します。 ただ、自分が希望する勤務地で獣医師の資格を活かしたいという場合は異動のない獣医師職を得る事が必要となるため、そういった獣医師求人を探す場合は獣医師求人に特化する転職エージェントの利用は必須です。

獣医の求人に強い転職サイト!ランキング1位はここ!

  サービス名 利用料金 獣医転職
の実績
サービスエリア 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★ 全国 詳細





Copyright (C) 2014 - 2018 獣医求人探しナビ【※転職したい獣医の方へ】 All Rights Reserved.