獣医の志望動機

獣医TOP >> 獣医転職の基礎 >> 獣医の志望動機

獣医の志望動機

獣医の志望動機は働く環境により動機も異なります。 新卒獣医師が希望する選択肢は研究医が圧倒的ですが、臨床獣医師を目指す獣医師も少なくありません。 仮に動物病院での臨床獣医師を目指す場合は、病院を希望する理由を書く必要がありますし、勤務医としての心構えも志望動機には書く必要があります。

獣医としてどこを目指すかによってそれに伴う志望動機は異なりますが、獣医師の現実として地位や待遇の悪い環境もあり理解者自体が少ない環境もあるという事もある程度認識し、働く環境とそれに伴う志望動機も考える必要があるでしょう。 中には獣医師としてスキルを高めるチャンスにほとんど恵まれない職場環境も実際あるので、獣医として資格を活かす環境選びは慎重に行うべきかと思います。

いずれにしても獣医師の志望動機は環境における獣医の役割を十分に認識する事が必要で、動物病院という選択をした場合はその環境に伴う動機を書く事がベストです。 獣医といえども小動物を対象とする臨床獣医師もあれば、大動物を対象とする臨床獣医師もあり、研究に従事する獣医師もいます。 仮に動物病院への就職を希望し、それに伴う志望動機を考える時は、動物病院の獣医師は将来的な夢(開業等)を実現するためのノウハウを積む事ができる環境となりますから、それに関連する志望動機を考える事がベストです。

しかし大動物を対象とする獣医師を目指すに伴い志望動機を書く際には、単に動物が好きという動機では受け入れられないケースが多く、そういった考えで挫折するパターンも多いです。 大動物の臨床獣医は色々な施設での診察が考えられますし家畜等に限らず水族館や動物園などに勤務する場合もあります。 そのため、そうした場所で勤務する際の志望動機は単に動物が好きという考えでは挫折する事が多く、そうした志望動機では受け入れられません。 それというのも、大動物の臨床獣医師は動物の死を受け入れる事が必要であり、それを受け入れられなければ大動物の獣医師自体勤まらないからなのです。

大体家畜等は生産性の問題で処分は簡単にされてしまいますので、そうした事情もしっかりと把握した上でそれを受け入れる志望動機を考える必要があるのです。 職場により獣医の志望動機は異なりますが、基本的に好きと言うだけでなく環境を十分に把握した上での内容が獣医師として働く上でのベストな志望動機になります。 獣医は環境によって担う業務も待遇、収入も異なります。 目指す職場を得るための志望動機は目指す職場の役割を認識したズレの無い動機が転職においても有利な志望動機になります。

獣医の求人に強い転職サイト!ランキング1位はここ!

  サービス名 利用料金 獣医転職
の実績
サービスエリア 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★ 全国 詳細





Copyright (C) 2014 - 2018 獣医求人探しナビ【※転職したい獣医の方へ】 All Rights Reserved.