獣医を辞めたい時

獣医TOP >> 獣医転職の基礎 >> 獣医を辞めたい時

獣医を辞めたい時

獣医を辞めたいと感じる理由のひとつに獣医という専門性を活かし動物に治療を行う。 しかし、その治療には費用がかかり、それを請求する時に辞めたいと感じる。

獣医という専門性を活かし開業した場合、各獣医によって動物の病気と治療に関するビジネスライクを割り切る事が出来ず、治療費を請求する度に獣医を辞めたいと感じてしまう事が多いようです。 確かに動物が好きで動物を何とか助けたいと思い獣医を目指し自分で開業した場合、無償でも動物のために何とか治療法を見つけたいと思う事は当然ですが、獣医は資本主義になる必要があり、人を雇い開業する場合は尚更資本主義であるべきです。 もちろんそうしなければ従業員の生活自体が危うくなるためどうしても治療に対するお金を請求する必要があります。 しかし、獣医という専門性を活かしこの分野を目指した多くの獣医が飼い主に治療代金を請求する事で獣医を辞めたいと感じる事が多いようです。

これはあくまで開業医における獣医を辞めたいと感じる理由ですが、平均に動物に対する深い愛情を持って獣医をしている獣医さんは飼い主さんにお金を請求するのは苦痛に思う方も多く、そこが辞めたいと感じる理由になります。 更に獣医を辞めようと考える時には臨床獣医師として働き、あまりにも仕事がハードな場合です。 毎日11時間以上の勤務は当たり前で休みもほとんどないに等しい。 こうした勤務状況に至る獣医師はこうした勤務状況に嫌気がさし転職を考える方も多いようです。

また、動物病院で働く獣医の場合は人間関係により、職場を辞めたいと感じる方も少なくないようです。 獣医は辞めたいと感じる理由は各環境によってその理由は異なりますが、自分の希望と現実のギャップにより辞めたいと感じる方が多いようです。 収入による不満や人間関係のトラブル、勤務状況への不満と獣医における辞めたいと感じる理由は異なりますが、就職や転職を失敗しないためには各職場における獣医という存在を取り巻く環境を十分に把握し認識した上で決断する事が大切です。

大きく分けると獣医師は一般企業への就職か、公務員獣医師になる。 もしくは動物病院の獣医師になるわけですが、いずれの選択をするにしても各職場環境における獣医師の勤務状況は十分に認識する事が必要で異動等がない獣医業務がいい場合なら公務員獣医師はお勧めできませんし、コミュニケーションに自信が無ければ動物病院の獣医師は難しくなります。

獣医の求人に強い転職サイト!ランキング1位はここ!

  サービス名 利用料金 獣医転職
の実績
サービスエリア 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★ 全国 詳細





Copyright (C) 2014 - 2018 獣医求人探しナビ【※転職したい獣医の方へ】 All Rights Reserved.