獣医のやりがい

獣医TOP >> 獣医転職の基礎 >> 獣医のやりがい

獣医のやりがい

獣医師のやりがいは、一般社会の幅広い分野で活躍し様々な意味で社会貢献できる事です。 一般に獣医とは、動物病院の医師というイメージが強く、動物を診る医師という風に思われている方も多いと思います。 しかし、獣医は確かに動物を診る医師であり、その専門性から様々な分野でその資格を活かす事ができる。 なお且つその専門性で大きく社会貢献できます。 高い専門性を活かし色々な分野でその資格を活かせる事も獣医師におけるやりがいですが、食品衛生等の分野をはじめ製薬会社でその専門性を活かす事ができ社会に貢献できる部分も獣医師のやりがいと言えるでしょう。

ただ、獣医は基本的に動物の医者となるため、口がきけない動物が病気にかかり苦しんでいたのを治す事が出来た時にやりがいに感じ喜びとして感じます。 そもそも動物は人のように「ここが痛い‥」等とはいえません。 もちろん苦しみや痛みを訴える事すらできません。 そのため獣医の適切かつ正確な診断が必要で口がきけない動物の異常や症状を組み取る。 しかも動物は口がきけませんから、そうした断片的な情報で症状と異常を組みたてていき推理する事で口がきけない動物の病気を確定し、その病気を治す治療方法を考える事ができる。

病気といっても相手は口がきけない動物なので、消化器なのか循環器系統の病気であるかすらも動物の様子で推理するしかありません。 また情報は断片的なもので、口がきけない相手における病気となるためパズルを組みたてるように情報を組みたてていきその病気を判明させる必要があります。 獣医はこのように口がきけない動物に対する専門医となるため、その口がきけず苦しんでいる動物の病気を治してあげる事が出来た時に仕事の楽しさであるとか、獣医としてのやりがいを感じることになります。

動物は痛みや苦しみがこちらに伝える事が出来ないゆえに動物の病気は非常に厄介です。 しかしそれを理解し解明でき、治してあげる事ができるという事は非常に素晴らしい事であり、この仕事の楽しさ、やりがいになるのです。 ただ、動物も人間同様寿命が延びています。 そのため、治療方法自体も色々と増える半面、人間同様治す事が出来ない病気にかかる場合もあります。 また、そうした時には治療をする事によって病気はそれ以上進行及び悪くはなりませんが、実は動物を苦しめる苦痛の期間を延ばしているにすぎないと感じる場合もあります。 そしてこうした時には獣医としての苦しみや辛さを感じるのです。

獣医の求人に強い転職サイト!ランキング1位はここ!

  サービス名 利用料金 獣医転職
の実績
サービスエリア 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★ 全国 詳細





Copyright (C) 2014 - 2018 獣医求人探しナビ【※転職したい獣医の方へ】 All Rights Reserved.