獣医の年収・給料

獣医TOP >> 獣医転職の基礎 >> 獣医の年収・給料

獣医の年収・給料

獣医に関する待遇その他は獣医師の選択肢により大きく変わります。 非常に条件が悪く幾度も異動を命じられ希望通りの獣医業務を行えないという獣医も実際存在しますし、非常に待遇もよく地位も高い獣医師もいます。 獣医の転職を成功できるかどうかは獣医師本人の選択肢によって大きく変わる事が考えられます。

獣医師の勤務先は非常に多岐にわたります。 そのため、獣医の年収や給与といっても環境により違います。 ただし一般的にいえるのが、獣医師の初任給は大抵20万円前後でスタートします。 22万円〜23万円前後でスタートするのが獣医師給与の一般です。 もちろん、獣医の初任給で考えても獣医が働く環境で違いますし地域によっても違います。 そのため、いちがいに獣医師の給与は高い、低いとはいえませんが、平均に製薬会社で働く獣医師は給与が高めであると言われています。

大体、製薬会社の獣医師は公務員、行政獣医師よりも待遇、諸条件がいいと言いますから、そうした面で考えても獣医師で高収入を得るための転職となれば、製薬会社への転職も視野に入れるべきかと思います。 当然製薬会社といえども企業規模により収入の差はあります。 しかし、公務員獣医師より平均に製薬会社の検査等携わる獣医の方が収入は高めです。 いずれにしても「獣医の年収は30代前半で600万円程度と言われていますから、サラリーマンと比較しても水準は高め」ではないかと思われます。 獣医師といえば、開業も選択できます。 また、開業で成功するとなればそれ以上の収入が期待できます。

このように獣医の収入は選択肢で大きく違ってきますが、平均に水準は高めの職業であると言えますし、地域、環境によって若干の違いはあるものの、高水準の職種といえるでしょう。 ちなみに動物病院での初任給、年収は300万円〜350万円程度となります。 ただ、動物病院の獣医は勤務時間も長く体力的にもかなりハードと言われています。 もちろん、それゆえにやりがいも感じられる環境ではありますが、転職を検討される場合は各職場の環境、諸条件、待遇面もよく調査、認識した上で検討しなければいけません。

獣医の場合は、同じ職業でも環境によってその業務内容さえ異なってしまいます。 そのため、転職をする際には慎重に検討しなければ失敗を招く事も多いです。 獣医師の年収は選択によってその差も大きい。 もちろん獣医はお金のためにだけ働いているわけではありませんが、選択で条件や地域さえも全く違いますので、失敗を招かない転職をするためにも獣医師に特化した転職エージェントの利用は必須です。

獣医の求人に強い転職サイト!ランキング1位はここ!

  サービス名 利用料金 獣医転職
の実績
サービスエリア 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★ 全国 詳細





Copyright (C) 2014 - 2018 獣医求人探しナビ【※転職したい獣医の方へ】 All Rights Reserved.