獣医に多い悩み・ストレス

獣医TOP >> 獣医転職の基礎 >> 獣医に多い悩み・ストレス

獣医に多い悩み・ストレス

どんなに好きな仕事に就けたとしても、仕事をしていく中で悩みやストレスに感じることが必ず出てきます。悩みやストレスの内容は仕事によって違いますから一括りにはできないのですが、獣医に多い仕事の悩みやストレスはどのようなものなのでしょう。悩みやストレスで挙げられるのは、相手が動物なので治療に非協力的なことだと言われています。動物にとって治療や検査は嫌なものです。わけがわからないまま診察台に乗せられた動物は、何とかして逃げようと獣医に対して威嚇したり、噛みついたり引っかいたりします。動物からすると当たり前の行動ですから何とか対応しなければなりません。避けるタイミングが合わないとケガをすることもあります。動物だけでなく、飼い主がペットの治療に非協力的でも治療に苦労します。口輪を付けないといけないと言っても「それはかわいそうだ」とか、薬を使うと言ったら「体の負担がかかるからいやだ」「医師なら何とか治して」などと飼い主が言うこともあります。

他には、初診からもしかしたらダメかもという時があります。そんな時も獣医は時間をかけて飼い主に説明して動物に対して最善の方法をとります。それでも残念ながら動物が亡くなってしまうことがあります。動物が亡くなってしばらくしてから「先生のせいだ」とか「あの時の注射がだめだったんだ」というようなことを言われることもあるようです。一生懸命に治療したにも関わらず残念なことになってしまい、獣医も悔しい思いをしているのに飼い主から思わぬ言葉を言われ、ストレスを感じることもあります。ペットを失った飼い主の悲しみや怒りを受け止めるのはなかなか難しく、大変なのです。

そしてもう一つの獣医の悩み、ストレスは医療費の未払いトラブルです。人間でも医療費の未払いトラブルがありますが動物病院でもあります。動物病院での未払いは、経済的な理由で払えないという人は少なく、支払い能力は十分あるのに偽名やでたらめな住所を書いて支払いを逃れたり、動物を病院に預けておいてそのままいなくなるような例があります。病院側も未払い対策をそれぞれとっているものの、何件かは発生するので悩みの種になります。病院勤務の獣医だと、このような問題で悩まされることがありますので注意しましょう。病院勤務以外の獣医なら、こういった未払いの問題や飼い主から責められるような問題はあまりありません。しかし、それなりに仕事のストレスはありますのでうまく対処する方法を会得しておきましょう。

獣医の求人に強い転職サイト!ランキング1位はここ!

  サービス名 利用料金 獣医転職
の実績
サービスエリア 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★ 全国 詳細





Copyright (C) 2014 - 2018 獣医求人探しナビ【※転職したい獣医の方へ】 All Rights Reserved.