獣医の仕事内容

獣医TOP >> 獣医転職の基礎 >> 獣医の仕事内容

獣医の仕事内容

獣医師というのは、主に飼育動物(牛、豚、馬、鳥、犬、猫)の診療をする専門家になります。家畜の病院やペット病院を開設することも多いのですが、地方公務員、国家公務員、農協、農業共済組合などの農業団体職員、食肉関係会社の社員としても活躍する場が多い職業です。獣医の仕事内容はとても幅広く、よく理解した上でどの仕事に従事したいかを考えるようにしましょう。獣医は、飼育動物の健康や命を守るのが主な仕事なのですが、人間の生活にも大いに関係しています。獣医の仕事は様々な分野に分かれているので、それぞれの分野の仕事内容を知っておきましょう。

獣医は大きく分けて4つの分野があります。それが、「小動物臨床」「公衆衛生」「農林水産」「野生動物関係」です。それぞれの分野の内容ですが、小動物臨床分野は動物病院で犬や猫、また小鳥などいろんな動物の病気の診断や治療、しつけの方法や飼い方の指導や相談を行います。公衆衛生分野は魚介類や肉、牛乳などの食品の安全性を確保するための監視や指導、食肉用の家畜を解体するところの検査、人畜共通の感染症の予防、検疫業務を行います。農林水産分野は肉や牛乳を生産する家畜の診療、病気の予防、ワクチン接種、衛生管理の指導や人工授精や受精卵移植などを行って家畜の改良、増殖を行います。他には動物用医薬品の検定試験やその製造や流通、使用の監視も行います。野生動物関係分野では、この地球上にいる野生動物を水族館や動物園で飼育したり繁殖させたり、また病気になった動物を診療しています。

このように、獣医といっても様々な仕事内容があります。ただ単に動物の診療をするだけではありません。人の場合は内科や外科、眼科、歯科など症状によって受診する診療科を選びますが、動物の診療は獣医がすべての科を行います。何でもオールマイティーに治療できなければならないのです。小鳥のようにかなり体が小さい動物もいれば牛や馬といった大きな動物もいて、扱いに慣れるまでは大変です。どんな仕事がしたいのかよくわからない場合は、いろんな動物と向き合っていろんな症例を経験したいのであれば動物病院での小動物臨床、検査を中心にしたいのであれば公衆衛生や農林水産などの分野がおすすめです。獣医の勤務先で一番多いのが個人の動物病院、そして民間団体職員、都道府県職員と続きます。獣医はそれぞれの分野で楽しさややりがいを感じることができます。もちろんつらいこともありますが、それ以上に喜びややりがいを感じられる仕事だと言えるでしょう。

獣医の求人に強い転職サイト!ランキング1位はここ!

  サービス名 利用料金 獣医転職
の実績
サービスエリア 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★ 全国 詳細





Copyright (C) 2014 - 2018 獣医求人探しナビ【※転職したい獣医の方へ】 All Rights Reserved.