激務でない獣医求人

獣医TOP >> 条件別の獣医求人 >> 激務でない獣医求人

激務でない獣医求人

激務でない獣医求人で考えるなら公務員獣医師は適しません。 獣医師の仕事自体激務か、そうでないか考えればほとんどが激務ではないか?と言える部分も多いですが、一般職の方が、公務員獣医師より激務ではない獣医求人になります。 例えば公務員獣医師になり、家畜保健時衛生所等に配属されればそれに伴い仕事量も多いですし業務も大変です。 なお且つ公務員扱いの獣医求人には動物愛護センター等への配属も考えられます。 しかも食肉衛生検査所等に配属になれば、仕事もきつく朝が早いのも当然。 季節によってはニオイがキツくなるし、寒さがしんどい場合もあります。 なので、激務でない獣医を目指すなら公務員獣医を目指さない方が賢明という事になります

公務員獣医師の場合は、激務という以外にも様々な人間と関わりを持つ必要性もあり、それゆえのコミュニケーション能力も必要になります。 こうした問題点の多さから、配属されたその年に離職する獣医師も多いのです

そもそも公務員獣医師の仕事自体、地域住民の苦情をはじめ、食中毒発生等の対応、その他の検査が必然で、嫌われるキツイ仕事が結果的に多い。 だからこそ激務でない獣医求人を確保したいと考える場合は一般職等の獣医師求人を選ぶ事が正しい選択になるわけです。 もちろん動物病院の獣医も激務でないとはいえませんし、夜間の診察等も病院によっては頻繁なのでやはり激務の獣医求人といえるでしょう。 ただ、動物病院の臨床獣医師の場合は条件や地位が公務員獣医師と比べ高いので、苦労に伴う見返りが大きいという部分が考えられます。

そもそも動物を深く愛し獣医を目指したにしろ、仕事に対する報酬は当たり前なので「激務=収入」につながれば、それはそれで激務でも頑張れるケースが多いです。 いずれにしても激務、キツイ獣医師求人が嫌な場合は、どこに配属されるか分からない公務員獣医師求人は狙わない方が正解です。 ただ、公務員獣医師も満足だし、この仕事に誇りを持っているという公務員獣医師も当然多い。 なので、公務員獣医師すべてがキツくて、しんどい獣医求人とはいちがいに言えませんし、どの獣医師求人でも激務は考えられるので、転職もしくは就職を考える場合は各環境における情報はしっかりと収集し詳細を十分に把握したい上で検討していく事が大切です。

獣医の求人で激務でない求人は比較的に公務員獣医師求人以外の求人ですが、正解を選ぶための転職には獣医師業界の転職に特化する転職エージェントの利用は外せません。

獣医の求人に強い転職サイト!ランキング1位はここ!

  サービス名 利用料金 獣医転職
の実績
サービスエリア 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★ 全国 詳細





Copyright (C) 2014 - 2018 獣医求人探しナビ【※転職したい獣医の方へ】 All Rights Reserved.