アルバイトの獣医求人

獣医TOP >> 条件別の獣医求人 >> アルバイトの獣医求人

アルバイトの獣医求人

日本では、高度成長期の時代に大々的なペットブームが始まりました。その結果、マンションやアパートでも、犬や猫、小鳥などのペットを飼う家庭が増えました。ペットの種類も多様化して、ウサギや子猿などをペットとして飼うことも多くなりましたし、南国の美しい熱帯魚や珍しい爬虫類までがペット化されてきたのです。また、高齢化社会が進む中で、高齢者の家族の一員として暮らしているペットもたいへん多くいます。そんな愛するペットが病気になったりすれば、自宅まで診療に来てもらうように依頼することも可能になりました。そういったニーズから動物病院や動物の診療機関が増加し、その分獣医師が活躍する場面が増えたということになります。

最近では、獣医師の数が不足しているとさえ言われています。獣医師は、本来であれば開業医や正社員、契約社員の雇用形態で働くのが一般的でしたが、アルバイト・パートでの雇用を条件にした求人広告もたいへん多く見られるようになりました。職種もさまざまで、診療に携わる病院の獣医師から、製薬会社などの研究機関での開発補助業務もあります。動物を扱う施設やペットショップでも、臨床業務や保険業務、ペットのしつけ健康相談に対する対応などを、アルバイト・パートの雇用で担当している職場もあります。また、動物の医療専門機関でも、ペット医療に関わる研究や調査においてアルバイト・パートが活躍する場面も見られますし、農業共済組合が組織している家畜専門の治療機関・NOSAIでも、地域によっては契約社員や臨時社員としてのパート雇用があります。

多種多様な職場で求人がありますが、絶対数からするとやはり正社員雇用のケースが多いのは確かです。もしも働き方の多様性を重視するのであれば、短時間のアルバイト・パートの職場を求めるかもしれません。その際は丁寧に募集条件を吟味するようにオススメします。時間的な制約を確認することも大事ですが、時給面でも詳細に確認すると良いでしょう。一般的には専門職ということで、かなり高額な条件で求人が出されています。店舗などのアルバイト・パートといった一般的な職場の時給からすると、相場の2倍以上の条件になっています。ただし、自分のスキルやキャリアが適切に反映されるようにアピールすることは大切です。アルバイト・パートでも、行う仕事は資格を活かした専門職なのです。求人に応募する前に情報収集をして、しっかりと比較検討をすると良いでしょう。

獣医の求人に強い転職サイト!ランキング1位はここ!

  サービス名 利用料金 獣医転職
の実績
サービスエリア 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★ 全国 詳細





Copyright (C) 2014 - 2018 獣医求人探しナビ【※転職したい獣医の方へ】 All Rights Reserved.