公務員扱いの獣医求人

獣医TOP >> 条件別の獣医求人 >> 公務員扱いの獣医求人

公務員扱いの獣医求人

基本的に公務員獣医師は年に2度募集が行われます。 6月と11月に公務員獣医師の募集が行われ、採用試験に合格する事で保険所もしくは食肉検査所等で働く事となります。 ただ、各地域によって公務員獣医師における採用人数は異なりますし、欠員採用という状況に至る場合もあるため、人数は比較的少ない傾向にあると考えておくべきです。 1人しか採用に至らない地域もあれば、一気に保健所、家畜診療所等への採用となるため50名以上の採用を行う地域もあります。

公務員扱いの獣医師求人を確保する場合は、各地域で設ける公務員採用情報を確認し条件等をよく把握し応募するかたちとなります。 一般的に公務員扱いの獣医師求人に伴う受験資格は、獣医師法に規定する獣医師免許を有するか、地域によっては普通運転免許を有する方となります。 試験内容については、専門試験となる専門的知識や能力を図る筆記試験がおよそ90分程度行われ面接を行います。

公務員獣医師の採用の結果については、口頭によるものなので、採否の結果を各地域へ確認に行く際には身分を証明するもの等を持参し確認しなければいけません。 公務員獣医師の活躍の場は、保健所、食肉検査所、家畜診療所等が挙げられますし、公務員扱いの獣医求人は多岐にわたり条件も異なります。 そのため公務員扱いの獣医求人を確保したい場合は、各地域の公務員獣医師状況及び待遇その他の条件をよく確認し、検討しなければいけません。

ちなみに公務員獣医師における大卒初任給は18万円程度ですが、大6卒の場合は20万円以上となります。 収入の面で考えると公務員獣医求人は、英語力を要する獣医師求人と比較し若干低い事も考えられます。 英語を使う獣医師求人にはエキゾチック科担当の獣医師求人が挙げられますが、エキゾチックアニマル担当の獣医求人は初任給でもおおよそ30万円近い収入が期待できるので、それに比べると公務員獣医師求人は20万円前後とかなり低めです。

なお且つ公務員獣医師の場合は、待遇があまりよくない事も指摘されます。 地域によっては獣医師の地位さえ低く収入もあまり期待できないうえに異動も多く、希望通りの業務が中々実現しない等の声も多いです。 そのため、公務員扱いの獣医師求人をお探しの場合は、その辺の情報収集もしっかりと行い希望する獣医師求人の詳細も調べながら求人の確保は検討すべきです。

獣医師自体それほど人口が多い職種ではない半面、需要は年々高まっている職種です。 ゆえに他の職種よりも就職はスムーズですし、条件がいいように思える職種でもありますが、選択肢で失敗は十分にあり得る職種なので、マメな情報収集は欠かせませんし転職に伴うエージェントの利用も必須です。

獣医の求人に強い転職サイト!ランキング1位はここ!

  サービス名 利用料金 獣医転職
の実績
サービスエリア 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★ 全国 詳細





Copyright (C) 2014 - 2018 獣医求人探しナビ【※転職したい獣医の方へ】 All Rights Reserved.