往診業務の獣医求人

獣医TOP >> 条件別の獣医求人 >> 往診業務の獣医求人

往診業務の獣医求人

来院の診療だけでなく、往診あるいは訪問診療をする動物病院はたくさんあります。町の小さな犬猫病院でも、電話による訪問診療依頼を受け付けていて、迅速に治療を行う動物病院は意外に多く見受けられます。ペットが唯一の家族という高齢者や独身者の世帯も増えている現在では、往診に来てくれる獣医はとてもありがたい存在になっています。そういった意味でも、獣医の地域貢献はとても大きくなっていると言えるでしょう。

往診・訪問診療をするケースでは、その他にもペットショップの巡回診療があります。専任の動物病院と契約しているペットショップが一般的です。ペットショップでは随時、新しく赤ちゃんペットが入ってきます。その動物たちにワクチンを接種したり、持病の治療やノミ・ダニの予防・駆除も獣医の役目です。特に店内に数種類の動物が密集しているペットショップでは、感染病の予防はとても大事です。季節や時期によっては、集中的に往診を依頼されることもあります。往診業務のある獣医の職場を求めるのであれば、このようなペットショップと契約している動物病院を探してみるのがいいでしょう。

また、牛や馬、羊や鶏などの家畜を飼っている農家を往診する獣医も大勢います。ほとんどが農業共済が主催しているNOSAIの獣医師です。NOSAIの獣医師は基本的に往診による診療を行っています。担当する地域の農場を巡回する活動になります。求人に関しては、日本全国で地域ごとにNOSAIを組織していますので、直接農業共済に問い合わせることもできるでしょう。NOSAI獣医師の仕事には、やはり感染病の予防や治療、その他怪我や病気の発生時に連絡を受け、農場へ出向いていきます。ワクチンの接種や出産補助はもとより、牛受精卵移植(ET)や人工授精を行う獣医もいます。

さらに、動物園を巡回する往診もあります。診療経験の少ない動物でも診療を行う必要上、スキルと経験がある程度要求されるかもしれません。また、競馬用の厩舎を担当する獣医もいます。名だたるサラブレットを診る仕事です。ここでは実績と能力の高い獣医師が求められます。さまざまな職場で活躍する獣医ですが、雇用形態は職場によってまちまちです。正社員雇用の職場が多いですが、契約社員やパート・アルバイトでも働くことができる職場は決して少なくありません。また、開業医として病院を開くこともできます。往診専門医として、病院に所属せずに委託先のみで活動している獣医もいるのです。

獣医の求人に強い転職サイト!ランキング1位はここ!

  サービス名 利用料金 獣医転職
の実績
サービスエリア 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★ 全国 詳細





Copyright (C) 2014 - 2018 獣医求人探しナビ【※転職したい獣医の方へ】 All Rights Reserved.