官公庁の獣医求人

獣医TOP >> 職場別の獣医求人 >> 官公庁の獣医求人

官公庁の獣医求人

官公庁の獣医求人は国家公務員募集ページ(国家公務員採用総合職試験)で確認できます。 官公庁の獣医求人は獣医系技術職員採用案内で確認する事が出来ますが、受付期間、時間等が決められていますので、期間内に応募する事が必要です。 基本的に官公庁の獣医求人は、第一次試験、第二次試験、第三次試験と行われ、採用は2名程です。 当然、各試験の日時は決められているので事前に日程はよく確認し受ける事が大切です。

官公庁の獣医における合格者数は毎年2名〜3名ですが、受験数は比較的少ないためそれほど競争率は高くありません。 ただし、20名程受験しても結果的に2名しか合格出来ませんので、その辺はよく認識し官公庁の獣医を目指す事も大切です。

官公庁の獣医職を確保するには受験を受け合格する事が必要となり、受験に伴い費用もかかります。 費用においては自己負担となるので、官公庁の獣医職を確保する際は受験費用等も事前に確認し準備しなければいけません。 官公庁の獣医求人は平均に1日8時間未満の勤務となります。 また、土日祝日は原則休みで特別休暇、介護休暇等がしっかりつけられます。

官公庁の獣医職の採用に伴う主な職種は厚生労働本省内部部局の配属で技官となって食品安全行政業務を行うか、専門行政職となり全国各地の地方厚生局に配属となります。 更に免疫所において専門行政職を任され、各地域のいずれかに配属されます。 各職務で獣医の業務は異なり、食品衛生監視員もしくは検疫員となり検査医及び検疫業務を行ったり、食品衛生法に基づき食品製造の承認や指導を行う監督業務に従事します。

このように官公庁の獣医は各職務、配属により全国各地で勤務する事となります。 ただし、厚生労働本省内部部局に配属となる場合は、技官として厚生労働本省内部部局のみで業務に従事する形となります。 ちなみに官公庁の獣医が担う業務に伴う行政職または専門職の月収は20万円〜となりますが、基本給+扶養及び通勤、期末、勤勉等の諸手当もつきます。

官公庁の獣医採用に伴う試験は専門試験となる職務の遂行に必要な専門知識等の能力を図る多肢選択式試験と専門知識の能力を図る記述式試験が行われます。 官公庁の獣医求人は各地域で開設している公務員試験情報より確認できますが、転職エージェントの利用で官公庁の獣医求人はスムーズに知る事が出来ます。 「官公庁の獣医求人は迅速かつスムーズに求人の詳細を知り準備が採用率を高めます」から、より早い情報確保のためにも転職エージェントの利用はお勧めです。

獣医の求人に強い転職サイト!ランキング1位はここ!

  サービス名 利用料金 獣医転職
の実績
サービスエリア 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★ 全国 詳細





Copyright (C) 2014 - 2018 獣医求人探しナビ【※転職したい獣医の方へ】 All Rights Reserved.