検疫所の獣医求人

獣医TOP >> 職場別の獣医求人 >> 検疫所の獣医求人

検疫所の獣医求人

検疫所の獣医求人は農林水産省の採用情報より確認できます。 また、免疫所では臨時的任用職員も募集され登録する事によって面接等の採用試験をクリアすれば臨時職員として免疫所で働く事が可能です。 動物免疫所では職員の休暇によって代替職員を募集し畜産系技術系職員の募集も行っています。 臨時的任用職員の場合は、募集に際し試験を受けることと登録をする事で検疫所の条件と勤務地などが一致した場合に採否が決まります。 もちろん採用に伴い面接と試験があり、それらの過程を経て採否は決定されます。 そのため、登録をしたからといって必ずしも臨時的任用職員になれるとは限りません。

検疫所における採用情報は農林水産省の畜産系技術職員採用ページより確認できますが、受付期間、時間共に決められているので、事前の確認が必要です。 畜産系技術職員の採用にあたっては第1次試験、第2次試験が行われます。 また、結果においては通知書にて通知されるようになっており、第1次試験では基礎能力試験と専門試験が行われ、他肢選択式、記述式となります。 2次試験では人物試験が行われますが、2次試験における試験日時は1次試験の合格通知で通知されます。

検疫所における1次試験地は、北海道農政事務所もしくは、東北農政局等で行われます。 2次試験においては農林水産省となります。 ただし、農林水産省畜産系技術職員の募集は動物免疫所、本省合わせ10名ほどとなります。 申込用紙は、畜産系大学の就職窓口もしくは郵便で請求する事ができます。 農林水産省が採用する農林水産省畜産技術職員における応募資格は、受験資格に規定があります。

検疫所の獣医求人は農林水産省の農林水産省畜産系技術職員採用ページより確認できますが、応募出来る受験者に限りがありますので、事前によく応募資格を確認してください。 ちなみに26年度の農林水産省畜産系技術職員の採用に関しては、昭和59年4月2日〜平成5年4月1日生まれであるか、平成5年4月2日以降に生まれ大学を卒業した方もしくは、卒業見込みの方に限られます。

検疫官自体、毎年増加傾向ですが、獣医資格を有する事で検疫官を目指す場合は家畜検疫官となり、外国から輸入される動物などを介し日本に動物の感染症が侵入するのを防ぎます。 また侵入を防ぐだけでなく輸出の際の感染症も防ぐ事となり大きく社会貢献できる仕事となります。 いずれにしても検疫所の獣医求人は、農林水産省が募集している畜産系技術職員の採用ページより情報を確保できますが、確実な採用に向けた準備には獣医求人を幅広く扱う転職エージェントの利用もお勧めです。

獣医の求人に強い転職サイト!ランキング1位はここ!

  サービス名 利用料金 獣医転職
の実績
サービスエリア 詳細
リクルートエージェント 無料 ★★★★ 全国 詳細





Copyright (C) 2014 - 2018 獣医求人探しナビ【※転職したい獣医の方へ】 All Rights Reserved.